2014年04月30日

5月24日(土)「市民社会を創造する希望フォーラム」 開催します

20131026jyuujyuu006.JPGテーマ「中国の草の根市民活動」麻生晴一郎さん
中国で非政府の民間活動が始まり、NGOやボランティアが活躍していることを紹介します。中国には環境・食品・貧富格差・人権侵害など数多くの
問題があることはよく紹介されていますが、そうした問題に取り組む民間人が増
えつつあることも事実で、そこに注目し、彼らとの交流から中国や日中関係の改
善に働きかけていく取り組みも必要ではないかと思います。難しい話ではなく、
写真をふんだんに用い、身近な話を中心に進めます。たとえばこんなことから話
を進めたいと思います。
1、中国の農村は日本とどう違いますか?    2、中国の出稼ぎ労働者はどんな暮らしをしていますか?
3、なぜ中国では公共マナーを守らない人が多いと言われるのですか?
4、なぜ中国の市民活動は規制を受けやすいのですか?
5、内陸部の市民活動家は日本をどう思っているのですか?
市民活動の中でも河北省や北京市などの住宅地で民選選挙の導入やトラブルの解決、住民自治の団体の形成に取り組んでいる
市民活動家・周鴻陵(しゅう・こうりょう)さんの活動を中心に取り上げます。
周鴻陵さんは日中の市民交流にも関心を強く持つ方で、中国で「中日文化交流チー
ム」という日中市民交流を目的としたグループを作りました。彼のこうした活動
に日本の市民がいかに答えていくべきかも考えていきたいと思います。

日時:2014年5月24日(土)午後3時〜5時
・会場: ドリームインステイテュート研修スタジオ (TEL:03-5805-1505)
〒113−0033 東京都文京区本郷3−35−3本郷UCビル6F
・参加費: 500円 
   ・定員: 30名
・ゲスト講師: 麻生晴一郎(あそうせいいちろう)さん(ルポライター)  ※プロフィールは裏面。
・講師/コメンテーター:土田修(東京新聞編集委員。共働e−news共同代表。)
・コーディネーター: 世古一穂 (NPO研修・情報センター代表理事。共働e−news共同代表)
・内容: 1、オリエンテーション    2、麻生晴一郎さんのお話    3、意見交換とふりかえり
■主催:特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター (http://www2u.biglobe.ne.jp/~TRC/
共働e-news」 ( http://www.kyoudou-e-news.jp ) 
■共催: NPO「AsiaCommons 亜洲市民之道」・ドリームインステイテュート・知研フォーラム

皆様の参加お待ちしています。

特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター
(NPO Training and Resource Center)
〒185-0012東京都国分寺市本多3−7−34

        
TEL&FAX : 042-208-3320

E-mail ticn@mui.biglobe.ne.jp
http://www2u.biglobe.ne.jp/~TRC/


posted by NPO研修・情報センター at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。