2012年11月30日

忘年会

12月22日の酒蔵研の忘年会に「挑戦する酒蔵」の本をお持ちの方はご持参ください。当日、豪華景品がもらえるクイズに使います。
よろしくお願いします。

土田

iPhoneから送信


posted by NPO研修・情報センター at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

12月15日(土)のフォーラムを開催します

「原発事故が起きた福島 核燃料サイクル事業が進む六ヶ所村
            あなたはいのちのバトンをわたせますか?
〜マスメディア報道をNPOの視点で検証する〜
危機的、絶望的な思いと不安を抱きながら、福島、六ヶ所村に限らず、全国の国民が、原発事故の真実とこれからの国の指針に注目しています。正しい情報が最優先されるべきなのですが、わが国において果たして真実が正しく伝えられているでしょうか?
今回の講座では、原発事故と核燃料サイクル事業の真実と情報のあり方、世界の一員としてのわが国の責任について学び、考えていきたいと思います。是非ご参加下さい。
日時:2012年12月15日(土) 午後2時〜4時半
会場:ドリームインスティテュート研修スタジオ
  〒東京都文京区本郷3丁目35−3 本郷UCビル 6F
   TEL:03−5805−1505
参加費:資料代 1,000円
講師:樋口健二氏(報道写真家)・島田恵氏(フォトジャーナリスト・映画監督)

内容:映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」を観賞後 両氏による対談。
映画の紹介:「福島 六ヶ所 未来への伝言」今の日本、この時代を 未来ののあなたへ 伝えたくて この映画を作りました〜島田恵より

◆ 樋口健二氏 プロフィール
報道写真家。日本写真芸術専門学校副校長。日本写真家協会会員。世界核写真ギルド会員。2001年核廃絶NGO[ワールド・ウラニウム・ヒアリング](本部・ドイツ)創設の「核のない未来賞」の教育部門賞を日本人として初入賞。著書:写真集『原発崩壊』(合同出版)『樋口健二報道写真集成日本列島66〜05』(こぶし書房)『闇に消される原発被曝者』(八月書館) 『原発被曝列島』(三一書房)『これが原発だ カメラがとえた被曝者』(岩波新書)「アジアの原発と被曝労働者」(八月書館)他多数。
◆ 島田恵氏 プロフィール
フォトジャーナリスト。映画監督。1986年のチェルノブイリ原発事故の後、核燃料サイクル基地の建設をめぐって、揺れ動く青森県六ヶ所村を訪れ、衝撃を受ける。以後東京と六ヶ所村を往復し、核燃料基地の強行建設とそれに抵抗する人々の姿をカメラに収める。さらに1990年から六ヶ所村に移り住み、同村で暮らしながら、村人たちの生活や変貌する風景を映像に記録し続けている。著書:「いのちと核燃料と六ヶ所村」(八月書館) 「六ヶ所村 核燃基地のある村と人々」(高文研)
主催:「特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター」 「共働e-news」
共催:「ドリームインスティテュート 」 「知研フォーラム」 
この講座は「公益信託 オラクル有志の会ボランティア基金」の助成を受けて実施します。



■お申込みは 下記にメールticn@mui.biglobe.ne.jp またはFAX(042−208−3320)で。
1、お名前 (             )2、所属(          )
3、連絡先(携帯番号等                  )
特定非営利活動法人NPO研修・情報センター(TRC と略)(NPO Training and Resource Center)
〒185-0012東京都国分寺市本町2?14?5小川コーポ103     


■ 会場アクセス
(会場アクセス)
・ 都営大江戸線 本郷三丁目駅 5番出口より徒歩約1分
・ 東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅より徒歩3分
・ 丸の内線 本郷3丁目駅改札口(1つです)を出て本郷通り方面(右手)へ進みます。突き当たりを左折し直進すると、本郷3丁目交差点があります。和菓子屋三原堂とファミリーマートがある側へ渡り 右に進み、みずほ銀行と三菱UFJ銀行の間の道を入り、直進します。 不二光学ビルの隣の、植木があるビルが本郷UCビルです。
                                                              

■お問い合わせ先
特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター(TRC と略)
(NPO Training and Resource Center)
〒185-0012東京都国分寺市本町2?14?5小川コーポ103     
TEL&FAX : 042-208-3320
E-mail ticn@mui.biglobe.ne.jp   http://www2u.biglobe.ne.jp/~TRC/


今後の予定
■ 1月26日(土)午後2時〜午後4時半
「復興のために巨大防潮堤は必要か? 〜気仙沼の現状と課題」 
講師:世古一穂 
内容:NHKで11月30日(金)に放映されたビデオ(世古がコメンテーターとして出演)
   をみていただき話します。
■ 2月16日(土)午後2時〜午後4時半
(仮)「原発事故と安全性〜安全神話の崩壊」
講師:後藤政志氏(技術者、元東芝・原子炉格納容器設計者)
■ 3月23日(土)午後2時〜午後4時半
(仮)「知らされない福島 終わりの見えない原発事故」〜マスメディアで流されない真実〜
講師:西尾漠氏(ジャーナリスト『はんげんぱつ新聞』編集長。原子力資料情報室共同代表。東京都出身)





特定非営利活動法人 NPO研修・情報センター
(NPO Training and Resource Center)
〒185-0012東京都国分寺市本町2−14−5小川コーポ103

        
TEL&FAX : 042-208-3320

E-mail ticn@mui.biglobe.ne.jp
http://www2u.biglobe.ne.jp/~TRC/
posted by NPO研修・情報センター at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。